ものがたり

はるこの祇園祭 第二話「ほこたて」

7月11日

 

 

「よーい! えんやらやー!」

 

いつもは車でぎっしりの、四条通りと烏丸通り。
その、車道に、山鉾が・・・たちはじめます!

職人さんたちが、それぞれの役わりごとに、ながくておおきな柱、床の板、屋根……いろんなものを組み立てて、鉾のかたちをつくりあげていきます。
釘(くぎ)はひとつもつかいません。
昔からのやりかたそのままに、なわでゆわえて、きれいななわもようをつくります。

 

「天気、しっけ、木のようす。ちゃあんと見なあかん。なんでもかんでも、きつくゆわえたらええってもんやない。あんばいがだいじやで。」
職人さんの話に、そのあとをつぐ若い人たちが、耳をかたむけます。

 

「よーい!えんやらや!」

 

くもひとつない空。
つなにひっぱられ、ゆっくりゆっくり立ち上がる鉾を、みんなしんけんに見つめています。

 

信号まちのタクシーの窓をあけ、「ほお!」とながめるおきゃくさんに、運転手さんがうれしそうに話をしています。

 

「お客さん。あれが月鉾(つきほこ)ですわ。鉾のてっぺんに、シュッとした三日月さんが光らははる。いやー、明日おかえりなんて、もったいないなあ。もうちょっと京都にいはったらええのになあ……」

 

そこからすこしはなれて、室町通り。
いつもの道に、おおきな鉾がたちあがっているのをみつけて、はること、ともだちのゆきちゃんは「うわあ!」と声をあげました。

 

「お、いまかえりか。」
扇子をパタパタとさせながら、明るい声で声をかけたのは、タケマル呉服店のおじいちゃんです。

 

 

「いやー、あっついなぁ。プール、もう始まったか」
「うん!はるちゃんすごいねんで、クロールもうおよげるねん!」

 

ゆきちゃんがえっへんと、はるこのじまんをします。
はるこはちょっと恥ずかしくなって、ゆきちゃんの後ろにかくれました。

 

「あはは、そらすごい。プールはきもちええやろなあ。ザブーンてな。むかしな、わしが子供のころ、あの鉾にぶらさがって、みんなであそんだんや。オレが船長、キミが船員、ここは海やー!船がでるでぇ!ざっぶーん…ゆうてな。あはは。」

 

はることゆきちゃんはびっくりして おたがいの顔を見ました。それを見たタケマルのおじいちゃんは、「おっと!」 と、おでこを扇子でうって、
「今はあかんで。ふたりがケガしたら大変や。むかしむかしのこと。なつかしいな」

 

うでをくんで、まぶしそうに鉾をみあげて、しみじみとおじいちゃんは言います。
「鉾がたつと、何十年もまえのことが、まるで昨日のようになる。ふしぎやな。」

 

 

 

どんどん町はかざられて、すっかり祭の景色です。
しってる町のはずなのに、しらない町にきたみたい。
なんだか5ミリだけ、体が空にういてるみたい。
はるこは、ふしぎなきもちで家にかえりました。

 

<つづく>

 

notoの配信はこちら

ページ上部へ