ものがたり

はるこの祇園祭 第四話「社参の日(しゃさん の ひ)」

7月13日

 

 

よあけにザーッと雨がふって、しっとりとした、雨あがり。このころは、ふったりくもったりのくりかえしで、晴れ間は ほんのいっしゅんです。

 

はるこは、お母さんと手をつなぎながら、お参りついでに去年のちまきを返そうと、八坂神社へ向かいました。

 

「へえ。そのカランって音は、はるこにしか聞こえなかったの。」
「ふうむ。お囃子じゃないだろうしねえ。そんなに大きい音だったら、みんな気づいただろうしねえ」
メガネについた汗をふきながら、探偵みたいにお父さんはつぶやきました。
はっと立ち止まってお母さん。
「もしかして……お・ば・け・だったりして!」
「ええ!いやや、そんなん!」
「よしなさい。きみこさん、はるこがますます一人じゃねれなくなっちゃうよ」
「あはは。ほんとだ」

 

 

お母さん、今日は元気です。はるこのはなをつんとつまんで笑っています。「はるこはこわがりだもんねえ」

 

 

まったく、と口をとがらせたお父さんがおしえてくれます。

 

「今日はね、社参の日っていって、お稚児さんが見れる日なんだよ。今年のお稚児さんは、なんと・・・」
「しってる!ゆきちゃんちのお兄ちゃん!」
「そう、みなとくんなんだよ!」
近所でも、ものしりで有名なみなとくんが、お稚児さんと決まった日には、スーパーでも、学校でも、そのニュースでもちきりでした。

 

 

ミーンミンミン。
八坂神社につきました。
狛犬(こまいぬ)さんが、かいだんをのぼるみんなを じぃっと見つめています。すこし歩いて、舞殿(まいでん)につくと、りっぱにかざりつけられた御神輿(おみこし)も見えます。

 

 

そして……

 

しろい馬からおりたお稚児さんが、八坂神社の南の門から、おおぜいの大人たちに守れられて、ゆっくりとした足取りでやってきました。
みなとくんです。

 

 

 

 

「みなとくん?」
はるこはびっくりしました。
おしろいで、まっしろな顔をして、まっすぐに前をみる、あのすがたは、いつものおとなしい みなとくんとぜんぜんちがうからです。

 

 

「お稚児さんはね、神様のおつかいになるの。
大人たちに かこまれて、疫病や悪霊をはらうため、’’太平の舞(たいへいのまい)’’をまうの。
たいへんなことよ。だから、お祭りがおわるまで、みなとくんは、みなとくんじゃなくなるの。お母さんにも会えなくなるのよ」

 

「お母さんにも?」

はるこは、お母さんのからだにぎゅっとしがみつきました。そうして、みなとくんを見つめました。

 

 

 

 

「さすがみなとくんだなあ。しっかりしてるよ」とお父さんが言います。

 

 

でも、はるこにはわかります。
みなとくんが、せいいっぱい がんばっていることを。

 

いっぽずつ、いっぽずつ、
お稚児さんはすすんでゆきます。

 

八坂神社のおやしろの中へ。

 

神様のおつかいになるために。

 

<つづく>

 

noteの配信はこちら

ページ上部へ