ものがたり

はるこの祇園祭 第九話「後祭の宵山(よいやま)」

7月23日

 

後祭(あとまつり)の宵山がはじまった町では、
きれいなきものをかざった町家や、京都ならではのお茶をふるまう”煎茶献茶祭“(せんちゃけんちゃさい)、

 

山伏(やまぶし)たちが、ブオウブオウとほら貝をひびかせて、護摩木(ごまぎ)をどんどん焼いてゆく、役行者山(えんのぎょうじゃやま)の”護摩焚供養“(ごまたきくよう)が おこなわれます。

 

このあいだの前祭の宵山とは、またちがい、
わたがしやさんや、ふうせんやさんは、ありません。

 

けれど、町のひとたちが 神様をむかえいれ、
たのしんでもらおうと、ていねいにつくりあげるお祭りは、町をほっこりとなごやかにしています。

 

 

はるこにとって、はじめての”なつやすみ”は、
そんなお祭りのあいだを ふわっふわっとゆく
ふっちゃんとの毎日でした。

 

 

ふっちゃんは、ゴオゴオと護摩木をもやす火をみて、
「…おとうさんがおこったときの、目ぇみたい!」と、しんけんなかおで言いました。

 

「うちのおとうさん、火山みたいにおこるから、めちゃくちゃこわいねんで!」
はるこは、ぶるるっとふるえあがって、
「うちのおとうさんも、おこるときはメガネをゆーっくりはずすから、こわいねん…!」
とこっそりいいました。
ふっちゃんはしばらくじぃっとだまって、
「それは、ちょっと…うちもこわいわ」と、うつむきました。

 

 

ふだんは見ることのできない、会所の中も見ることができます。会所のなかは、まるで びじゅつかん。鯉山(こいやま)にいくと、りっぱな鯉のかたちをした御神体(ごしんたい)も、見れます。

 

「うち、この鯉がな、りゅうになったとき、いっしょに 空とんだんやで!」
えっへん!と ふっちゃんがいうと、
「おみこしのったり、空とんだり、ふっちゃんはええなあ」とはるこがびっくりして答えます。

 

ふっちゃんは、しばらくじぃっとかんがえて、
「ほな、あとでな!」とにっこり笑いました。

 

「あとでって?」とはるこが聞くと、「つぎいこ!」とはるこの手をとって、ふわっとふっちゃんはとびあがります。
「まってまってー!」

 

 

町家のなかの、きれいなきものや、びょうぶのあいだを、くるくるとおどるように見てゆきます。
たのしそうなふっちゃんは、花をちらして、その花がまた、きものや びょうぶを もっともっとはなやかにしてゆきます。

 

 

(ああ、なんて、なんてきれいなんやろ…)

 

 

「お母さんにもみせてあげたい…」
はるこがそうつぶやくと、ふっちゃんはひときわ花をちらして、「うん!うん!見せにいこう!」と言いました。

 

 

新町通り。
山鉾はどれもキラキラとかざりたてられて、はなやかです。大船鉾(おおふねほこ)のまえにきたときに、ふっちゃんは「船や!」とさけんで、ひょいひょいひょいっと鉾にのりました。

 

おどろくはるこに、ぶんぶんと手をふって、
「はるちゃーん、船がでるでー!」
「え?」とはるこがおどろくと、
「うちが船長、はるちゃんは船員な!」
とふっちゃんが言いました。そのとたん…そのとたんです。

 

ザザザ、ザバーーン!

 

はるこは、海をゆくおおきなおおきな船のうえ!

 

 

これは夢やろか…!

 

 

はるこがふっちゃんを振り返ると、
ふっちゃんはどんどんどんどん大きくなって、おおきくほほをふくらませ、ふーっと息をふきました。
びゅうっと風がふき、ふわっと船が空にうかびます。

 

 

「わあ…!」

 

 

空はやがて、桃色にそまります。
「ソーダにうつった桃色のそら!」

 

 

 

 

とおくから祇園囃子が聞こえてきました。

 

船は、祇園囃子のなるほうへ、なるほうへすすみます。

 

 

…はるこの暮らす町がみえました。

 

 

ぽちぽちと星がかがやきだして、しゅっとした三日月がのぼります。その星にまけじと、はるこの町の、ちょうちんがかがやきます。そのなかに……

 

みなとくんと照れながら
並んで写真をとるゆきちゃんが、

 

目をキラキラとさせて、
お祭りをみてまわるかねちゃん先生が、

 

リュカさんとそっと手をつなぎあるくうみこさんが、

 

よりそってあるく、タケマルばあちゃんとおじいちゃんのうしろすがたが、

 

たのしそうに家で話す、お父さんとお母さんが、

 

はるこには見えたのでした……

 

 

 

カロン…!
お父さんとお母さんは、はっと顔をあげました。

 

「きこえた?」
「うん! きこえた!」

 

ふたりは、ベランダに出ました。
空には星がまたたいています。

 

「これかな、はるこが聞いた音は」
「……そうかも!」

 

お母さんは、はっと 目をかがやかせました。

 

「思い出した。わたしね、ちいさいころ、祇園祭を見たことがあったの!なにもかもが、とってもきれいで、夢のなかみたいだった。……そのときね、みたのよ、鉾のうえでおどる子を」
「ええ?」
「そうよね… 夢だったかも。 夢だったかもね…。でも、きれいだったな」

 

おかあさんは、そっとおなかに手をあてて、
「はるこがかえってきたら、聞かせてあげなきゃね」
と言いました。
「うん。」とお父さんは笑うのでした。

 

はるこは、どんなかおを見せてくれるのでしょう。
祇園祭の夜は、そっとしずかにふけてゆきます。

 

 

<つづく>

 

noteの配信はこちら

ページ上部へ