ものがたり

はるこの祇園祭 最終話「疫神社夏越祭(えきじんじゃ なごしさい) 」

7月31日

 

四条通を東にまっすぐ。八坂神社。
しゅいろの門をくぐれば、そのすぐ目のまえに、ちいさな神社があります。

 

「疫神社」です。

 

鳥居のよこに、のびのびと大きな木が生えています。
あれは、くすの木。
それから、けやき、ゆずりは、かなめもち。
のびやかにお社をかこんでいます
ちいさな森にまもられた、ちいさな神社。
鳥居には、くぐると厄気がおちると言われている、おおきな茅の輪(ちのわ)がくくりつけられています。

 

 

ここが、一ヶ月つづいた祇園祭の、さいごの舞台です。

 

 

風がさあっとふいて、こもれびが いしだたみをあかるく照らしています。夏のまんなか。いいお天気です。

 

朝いちばん、お祭にかかわった人々が、茅の輪をくぐりぬけてゆきました。パンパンとちからづよく手をうつ音が、境内にひびきました。

 

 

「おつかれさん!」
「おつかれさまでした。」

 

 

ちいさな神社の、おおきな茅の輪をくぐったあとは、どこまでもひろがる空のした、ホッとしたかおで、みんなが家に帰ってゆきます。

 

神様との長い旅も、この夏はいったんここまで。
そしてまた、来年にむけてのじゅんびが、はじまります。それは、1000年以上つづいてきた暮らしのなかの、たしかな約束。みんなが守り続けているのです。

 

 

たんたんたん!と石段をのぼって、はるこ一家も茅の輪くぐりにやってきました。門をこえると、もう行列ができています。みんな、茅の輪をくぐりにきているのです。

 

あ、タケマルのおじいちゃんとおばあちゃん発見!

 

「お、はるちゃん!」
「まあまあ、よう日やけして。ぎょうさんあそんだんやねえ」
そのうしろから、
「オーイ! はるちゃん!」と声をかけてくれたのは、うみこさんとリュカさんです。
「リュカさん、こしがいたいの、なおった?」
はるこが こそっと うみこさんにきくと、
「ひひひ、しっぷはってはる」とうみこさん。
「おかあさんは、はらおびまいてはる!」ふふふ! とふたりは笑います。

 

ゆきちゃんとみなとくんの家族も、つれだってやってきました。みなとくんの白いシャツが夏の日をうけて、かがやいています。
「みなとくん、おつかれさま りっぱだったねえ」
とはるこのお父さんが声をかけると、みなとくんは、「うん!」とだけ、うなづきます。

 

(…みなとくんは、決めてるのです。言葉にならないことは、まだ言わないって。だから、いまは、力強くうなずくのです。)

 

 

「せえの!」
家族三人、声をそろえて
「そみんしょうらいしそんなり!」
ぽん! と茅の輪をくぐりました。
ぽん! ぽん!ぽん!とみんなも、くぐります。

 

 

くぐったあとは、茅萱(ちがや)をもらって、せっせと小さな茅の輪づくり。
「できた!」ちょっとゆがんでしまったけれど、でも、はるこもちゃんと 作ることができました。
「これは、はるちゃんの大切なお守りにするんよ」と、うみこさんが教えてくれました。

 

 

 

ちいさな茅の輪をのぞけば、みんなのすがたがみえました。

 

お母さん、お父さん、ゆきちゃんにみなとくん、タケマルじいちゃんおばあちゃん、うみこさんにリュカさん。
おや、石段をのぼって、かねちゃん先生もやってきましたよ。わかいひと、としおいたひと。
あのひとも、このひとも、ほんのり、笑顔です。

 

茅の輪をのぞくはるこを、お母さんがのぞきこんで聞きました。

 

「なにがみえるの?」
「ええとねえ、ええのんが見えるよ。お母さんもみる?」
「みるみる! ……ああ、ほんとだ。ええのん、みえた!」
おかあさんは はるこをぎゅうっと抱きしめました。

 

 

 

かえりみち。
夏の風が、ざーっとふいて、木もれ日をキラキラとゆらしています。

 

八坂神社の石段で、小さな男の子がグズグズと泣き始めました。こまった顔をしたお母さんが、いっしょうけんめい なだめています。

 

はるこは、ぱっとお母さんの手をはなし、男の子にかけよりました。ポケットからこんぺいとうの瓶をとりだして、カラン、コロンとふりました。
中から、花のようなこんぺいとうが、コロンッ と飛び出して、男の子の手にポンポンとのりました。

 

みずいろ、きいろ、ももいろ。
手のなかに、さいた花を
男の子は、びっくりした顔でみつめました。

 

「あげる!」と、はるこは言いました。
その子は、目をまんまるにして、はるこをみました。涙はもう、ひっこんでいます。ちいさなゆびで、水色のこんぺいとうをつまんで口に入れました。ほんわりとした甘さが広がって、ぱっと笑顔になりました。ふっちゃん!とはるこは心のなかで言いました。
ふっちゃんの咲かせた花みたい!

 

 

お父さんとお母さんが、はるこをよびます。
「はるこ!」
「はーい!」
元気にはるこは かけてゆきます。

 

 

 

 

来年、はるこはお姉さんになります。
どんなお姉さんになるのかな。
妹かな、弟かな。どんな子がこの町に生まれてくるんでしょう。

 

みんな、とっても楽しみにしています。

 

 

こんこんちきちん、こんちきちん

 

 

祇園囃子はなりやんで、来年の夏をまっています。
これで、はるこの祇園祭は、おしまい。

 

みなさん またあいましょう。この町のどこかで。

 

 

<おしまい>

 

noteの配信はこちら

ページ上部へ